(1)皮下血腫・帽状腱膜下血腫・骨膜下血腫

たんこぶ

1)病態

交通事故では、軽い衝突事故で、多くは、歩行中の子どもに発生しています。
皮下血腫、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫、いずれも、広義には、たんこぶです。

頭皮は、表面から順に皮膚→皮下組織→帽状腱膜→骨膜で形成され、その下に頭蓋骨があります。
たんこぶであっても、血腫の部位により、皮下血腫、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫に分類されます。
たんこぶは、皮下血腫であり、帽状腱膜下血腫や骨膜下血腫は、子どもに多い、特殊なたんこぶで、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫となると、やや大きく、触るとブヨブヨしており、触るとその部分が陥没しているかに感じますが、決して、頭蓋骨の陥没骨折ではありません。

2)症状

打撲部の痛みを訴え、みるみる腫れてきます。
直後に大泣きしたときは、重大な脳損傷の可能性は低く、安心できる状況です。
反対に、暫くボーッとして意識が朦朧としているときは、病院に走らなければなりません。

3)治療

放置しておいても、自然に治癒しますが、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫では、特に子どもでは、血腫の吸収が不良で、1週間位経過しても、逆にブヨブヨと溜まってくることがあります。
そんなときは、小児科を受診、穿刺して水様の血腫を吸引すれば、治癒します。

4)後遺障害のポイント

たんこぶ三兄弟で、後遺障害を残すことはありません。