(6)外傷性黄斑円孔(がいしょうせいおうはんえんこう)

視力の低下

眼の構造

(1)病態

最近、IPS細胞による治療で話題となっているものに、加齢黄斑変性があります。
加齢黄斑変性とは、年齢を重ねることで網膜色素上皮下に老廃物が溜まり、その結果、黄斑部が障害されて、徐々に失明する病気で、現時点では、有効な治療法が確立されていません。

私たちの眼は、注目したところはよく見えるのですが、それ以外の周りの部分はぼんやりとしか見えない構造となっています。カメラのフィルムに相当する網膜ですが、その中心部分を黄斑と呼び、視力をつかさどる最も重要な神経細胞が集合しています。
黄斑部では、モノの形、大きさ、色、立体性、距離などの光の情報の大半を識別しています。

(2)症状

さて、外傷性黄斑円孔とは、網膜の中心である黄斑部に穴が開いてしまう外傷です。
交通事故では、自転車、バイクの運転者の眼球打撲で発症しています。
黄斑部に完全な穴が形成されると、視力は矯正しても0.1前後に低下し、視野の中心が見えにくくなります。自然に治癒することもありますが、放置しても、加齢黄斑変性のように失明には至りません。

(3)診断・治療

OCT検査

3次元眼底像撮影、OCT検査により、確定診断がなされます。

交通事故では、黄斑円孔が大きいことが多く、ほとんどで硝子体手術が適用されています。
発症から6カ月以内であれば、初回のオペで90%以上の確率で円孔は閉じ、視力の回復が期待できると報告されています。初回のオペで円孔が閉鎖できないときは、再オペとなり、長期間、眼内に滞留するガスを入れることになり、予後は不良となります。

(4)後遺障害のポイント

1)外傷の程度、黄斑円孔の大きさ、発症後の経過期間が治療成績に影響を与えます。
黄斑円孔発症後の経過期間が短いほど、また円孔の大きさが小さいほど閉鎖率も高く、視力の予後も良いとされています。

2)外傷による損傷、黄斑円孔が大きいときは、初回のオペで円孔を閉鎖できないことがあり、再オペとなりますが、視力低下などの後遺障害を残すことが予想されます。

3)外傷による損傷、黄斑円孔が大きいときは、将来に白内障を発症する可能性を残します。
「将来、白内障を発症したる際は、甲乙間で別途協議を行うものとする。」
示談書には、この文言を挿入しておかなければなりません。

4)視力が低下したときは、
眼の直接の外傷による視力障害は、前眼部・中間透光体・眼底部の検査で立証します。
前眼部と中間透光体の異常は、細隙灯顕微鏡検査で調べます。
眼底部の異常は、眼底カメラ検査します。

視力検査は先ず、オートレフで裸眼の正確な状態を検査します。
その後、万国式試視力検査で裸眼視力と矯正視力を計測します。

前眼部・中間透光体・眼底部に器質的損傷が認められるとき、つまり、眼の直接の外傷は、先の検査結果を添付すれば後遺障害診断は完了します。

失明や視力障害の立証は、1眼球破裂、2視神経管骨折、3角膜穿孔外傷の傷病名でも詳細を解説しています。参考にしてください。