(72)中足骨の骨折

交通事故では、自動車のタイヤに踏みつけられる、重量物が足に落下するで、中足骨を骨折しており、
上記の事故発生状況では、ほとんどで、複数の中足骨が骨折しています。
後遺障害の対象となるのは、複数の中足骨に、転位のある骨折をしたとき、粉砕骨折や挫滅骨折したときに限られ、単独骨折で、早期に固定術を受けたものは、後遺障害を残しません。

(1)足趾 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折

中足骨の骨折
中足骨の骨折

(1)病態

下駄が庶民の履物であった時代に、多発した骨折であることから、下駄骨折の名前がついています。
もちろん、現在でも、足が捻転したときに、この骨折が発生しており、第5中足骨基部骨折とは、小趾側の甲にある中足骨の根元が骨折したものです。

(2)症状

受傷直後から足部の強い痛みと腫れ、皮下手血が出現し、足の小指側に痛みがあり、足を着いて歩けない状態になります。

(3)治療

XPで確定診断され、徒手整復できるものでは、3~4週のギプスシーネ固定を行います。
徒手では整復困難な転位があるときは、ワイヤーで締結もしくは小さなスクリューで固定されます。

(4)後遺障害のポイント

次のジョーンズ骨折でまとめて解説しています。

(2)足趾 ジョーンズ骨折、Jones骨折=第5中足骨々幹端部骨折

第5中足骨々幹端部骨折

(1)病態

ジョーンズ骨折は、つま先立ちの姿勢で足を捻挫したときに、第5中足骨の基部に発症する骨折です。
この骨折は、サッカー、ラグビー、バスケットボールなど、走っている最中に方向転換をする際、前足部でブレーキをかけて捻る動作を繰り返すうちに、第5中足骨の後方端と骨幹部の境界辺りに物理的ストレスが蓄積し、徐々に疲労性の骨折を生じると考えられていますが、交通事故でも経験しています。

(2)症状

下駄骨折よりは弱い痛みで、腫れることは少ないのです。
直後は歩くこともできますが、痛みは徐々に強くなってきます。

第5中足骨々幹端部骨折のレントゲン画像

(3)治療

ジョーンズ骨折は、骨折部の癒合が悪く、偽関節に陥りやすい骨折であり、やや難治性です。
骨癒合が不良のときは、低周波や超音波による骨癒合促進刺激を実施し経過観察となりますが、現在では、積極的に、小さなスクリューで固定されています。
そして、このスクリューは、再骨折を防ぐ目的で留置され、抜釘されません。

(4)後遺障害のポイント

1)初診で足関節捻挫と診断されても、痛みと腫れが伴うときは、専門医を受診しなければなりません。
ここが、下駄骨折、ジョーンズ骨折の最大のポイントで、モタモタしていると、後遺症を残すのですが、等級が認定されない悲哀を味わうことになります。

足の指で、2分の1以下の可動域制限が後遺障害の対象とされるのは、母趾と第2趾のみで、第3、4、5趾では、2分の1以下は適用されず、完全強直もしくは完全麻痺で用廃と認定されるのです。
下駄骨折、ジョーンズ骨折で、足の小指が強直することは考えられません。
痛みを残しても、挫滅的な骨折で14級9号がやっとです。
それなら、後遺障害なんて考えることなく、完治を目指すべきです。

2)下駄骨折は、足部を内返しする捻挫で発症する外傷性骨折で、比較的高頻度で発生しています。
この後に説明するジョーンズ骨折の部位より足首に近いところを骨折します。

下駄骨折は、交通事故ではね飛ばされ、段差を踏み外す、また傾斜のある路面に転落し足を捻挫したときに、足関節の内反強制が加わると、第5中足骨基底部に付着する短腓骨筋腱が引き伸ばされ、その腱の牽引力と第5中足骨に加わる捻転力により、捻じ切れるようなイメージで骨折するのです。
ジョーンズ骨折は、スポーツの疲労骨折として発症することが多いのです。