足根骨の構造と仕組み

足根骨の構造と仕組み

足根骨は、近位列に距骨と踵骨の2つ、遠位列には、舟状骨、立方骨、第1・2・3楔状骨の5つ、合計7つの短骨の配列で構成されています。
手根骨と同じ構成ですが、体重を支える必要から配列と数に変化があります。

踵骨・立方骨・距骨・舟状骨で横足根関節=ショパール関節を、第1・2・3楔状骨と立方骨と中足骨近位部でリスフラン関節を構成しています。

中足骨は足指と足根骨をつなぐ骨で、足根骨は7種類ある足首を構成する骨です。
足根骨内の横足根関節をショパール関節、足根骨と中足骨を結ぶ関節をリスフラン関節と呼びます。

中足骨と基節骨でMTP関節を、親趾では、基節骨と末節骨でIP関節、その他の趾では基節骨と中節骨でPIP関節、中節骨と末節骨でDIP関節を構成しています。