脊柱の変形障害

脊柱の変形障害については、
①脊柱に著しい変形を残すもの、
②脊柱に中程度の変形を残すもの、
③脊柱に変形を残すもの、

以上の3段階で等級が認定されており、脊柱に中程度の変形を残すものが新たに追加されました。
ムチウチでも、頚腰部の可動域制限を訴える被害者がおり、医師が頚腰部の可動域を計測して後遺障害診断書に記載されているものを見かけますが、これは非該当になります。
ムチウチでは、可動域の計測をしても見向きもされません。
なぜなら、脊柱の変形や運動障害で等級が認定されるには、脊柱の圧迫骨折、破裂骨折が認められること、もしくは、脊椎の固定術が実施されていなければならないからです。

等級 脊柱の変形障害に伴う後遺障害
6 5:脊柱に著しい変形を残すもの
XP・CT・MRIで圧迫骨折などを確認できて、次のいずれかに該当するもの
①圧迫骨折等により2つ以上の椎体前方椎体高が著しく減少し、後弯が生じているもの
②3つの椎体の圧迫骨折で、前方椎体高が減少したもの
③圧迫骨折等により1つ以上の椎体の前方椎体高が減少し、後弯が生ずるとともに、コブ法による側弯度が50°以上となっているもの
④2つの椎体の圧迫骨折等で前方椎体高が減少したもの
8 2:脊柱に中程度の変形を残すもの
①圧迫骨折等により1つ以上の椎体の前方椎体高が減少し、後弯が生じているもの
②コブ法による側弯度が50°以上であるもの
③頚部の環椎または軸椎の変形・固定により、次のいずれかに該当するもの
a 60°以上の回旋位となっているもの
b 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの
c 側屈位となっており、XP等により、矯正位の頭蓋底部両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっていることが確認できるもの
11 7:脊柱に変形を残すもの
①脊椎圧迫骨折などを残しており、そのことがXPなどにより確認できるもの
②脊椎固定術が行われたもの
③3椎以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの

1)脊柱に著しい変形を残すもの 6級5号

脊柱に著しい変形を残すものとは、XP、CT、MRIにより、脊椎圧迫骨折などを確認することができるときであって、次のいずれかに該当するものをいいます。

A 脊柱圧迫骨折などにより2つ以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し、後弯が生じているもの、
前方椎体高が著しく減少したとは、減少した全ての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個当たりの高さ以上のものをいいます。

B 3つの椎体の圧迫骨折で、前方椎体高が減少したもの、
3つの椎体の後方椎体高が120mm、前方椎体高が70mmのとき、120-50mm、その差は50mmとなります。1つの椎体の後方椎体高は、120mm÷3=40mmですから、6級5号が認定されます。

C 脊柱圧迫骨折などにより1つ以上の椎体の前方椎体高が減少し、後弯が生ずるとともに、コブ法による側弯度が50°以上となっているもの、
前方椎体高が減少したとは、減少した全ての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個当たりの高さの50%以上であるものをいいます。

D 2つの椎体の圧迫骨折などで前方椎体高が減少したもの、
2つの椎体の後方椎体高の合計が80mm、前方椎体高が55mmのとき、その差は25mmとなります。
1つの椎体の後方椎体高は、80mm÷2=40mmの50%は、20mmとなります。
こんなときは、コブ法による側弯度が50°以上であれば、6級5号が認定されます。

2)脊柱に中程度の変形を残すもの 8級2号

脊柱に中程度の変形を残すものとは、XP、CT、MRIにより脊椎圧迫骨折などを確認することができるときであって、次のいずれかに該当するものです。

A 脊柱圧迫骨折等により1つ以上の椎体の前方椎体高が減少し、後弯が生じているもの、

B コブ法による側弯度が50°以上であるもの、

C 環椎または軸椎の変形・固定により、次のいずれかに該当するもの、
a 60°以上の回旋位となっているもの
b 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの
c 側屈位となっており、XPなどにより、矯正位の頭蓋底部両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっていることが確認できるもの

この内、aおよびbについては、軸椎以下の脊柱を可動させず、当該被害者にとっての自然な肢位で、回旋位または屈曲・伸展位の角度を測定します。

※コブ法
コブ法とは、XPにより、脊柱のカーブの頭側および尾側においてそれぞれ水平面からもっとも傾いている脊椎を求め、頭側でもっとも傾いている脊椎の椎体上縁の延長線と尾側でもっとも傾いている脊椎の椎体の下縁の延長線が交わる角度、側弯度を測定する方法のことです。

第1頚椎、C1は環椎、Atlas、C2は軸椎、Axisと呼ばれています。
環椎と軸椎は脊柱の中、先頭を切る位置を占めています。
後頭骨/環椎、環椎/軸椎の2カ所の骨間だけは椎間板が存在しません。

椎体と椎体をつなぐ繊維輪による連結と運動の制約がないので、自由で大きな関節運動ができます。
頚椎の回旋運動可動域の2分の1を後頭/環椎、環椎/軸椎の上位頸椎が演じています。
可動域が大きいということは、逆に障害を受けやすい不安定な部位ともいえるのです。

※環椎と軸椎は、頚椎全体による可動範囲の相当の割合を担っています。
そのため、環椎または軸椎が脊椎圧迫骨折などにより変形して固定となる、または環椎と軸椎の固定術が行われたために、環椎または軸椎の可動性がほとんど失われると、頚椎全体の可動範囲も大きく制限され、上記に該当する変形・固定となると、脊柱の運動障害8級2号にも該当するケースがほとんどとなります。なお、環椎または軸椎が変形・固定していることについては、最大矯正位のXPでもっともよく確認することができます。

脊柱に著しい変形を残すもの、および、脊柱に中程度の変形を残すものは、脊柱の後弯または側弯の程度により等級が認定されており、変形だけが注目されているのではありません。

イラストを加え、分かりやすく解説したつもりですが、6級5号と8級2号については、おそらく理解は得られていないと予想しています。でも、こんなときのNPOジコイチですから、相談してください。
XP、CT、MRIが収録されたCDを持参し、交通事故無料相談会に参加してください。
画像分析ソフト、ONIS2.5を活用し、理解と納得が得られるまで、シッカリと説明しています。

3)脊柱に変形を残すもの 11級7号

せめて、これだけは覚えてください。
最も症例の多い、脊柱に変形を残すものは、次のいずれかに該当するものです。

A 脊椎圧迫骨折などを残しており、そのことがXP・CT・MRIにより確認できるもの、
B 脊椎固定術が行われたもの、
C 3椎以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの、

※注意点 圧迫骨折のレベル?
圧迫骨折では、椎体の 25 %以上の圧壊が認められることが等級認定の要件です。
日本骨形態計測学会・日本骨代謝学会・日本骨粗鬆症学会・日本医学放射線学会・日本整形外科学会・日本脊椎脊髄病学会・日本骨折治療学会による椎体骨折評価委員会は、「椎体骨折評価基準」を定めています。2012年度の改訂版によれば、C/A、C/Pのいずれかが0.8未満、またはA/Pが0.75未満の場合を椎体骨折と判定しています。

椎体の高さが全体的に減少する、扁平椎では、上位または下位のA、C、Pより各々が20%以上減少しているときを椎体骨折とするとしています。

椎体骨折の形状には、椎体の前縁の高さが減少する楔状椎、椎体の中央がへこむ魚椎、椎体の全体にわたって高さが減少する扁平椎の3つがあります。
外傷性の圧迫骨折は、圧倒的に楔状椎変形ですから、A/P比で25%以上と解説しています。

ネットでは、どこにもそのような記載がなく、NPOジコイチの創作と叩かれているようです。
確かに、労災保険の障害認定必携や自賠責保険の規定集にも25%の説明はなされていません。
先の評価基準と私の35年以上の経験則から判断しています。
椎体が、ホンの少し凹変形したものも、医学的には圧迫骨折ですが、等級の認定はありません。

※注意点 新鮮骨折か、陳旧性か?
骨粗鬆症の高齢者では、尻もちをついただけでも脆弱性の圧迫骨折を発症することがあります。
そこでGiroj調査事務所は、新鮮な骨折か、それとも陳旧性のものかに注目しています。
元からあったもの、陳旧性と判断されたときは、等級は非該当になります。
新鮮な圧迫骨折のMRIでは、椎体は出血により他の椎体と違う濃度で描出されます。
元からあった陳旧性骨折か、新鮮骨折かの判断は、受傷直後のMRIで判断ができるのです。

T1強調画像
T2強調画像

上記は、62歳女性の第11胸椎圧迫骨折のMRI画像、新鮮骨折ですが、左のT1強調画像では、黒く描出されており、右のT2強調画像では、一部が白く描出されています。
このことを専門的には、T1強調において低輝度、T2強調において高輝度がみられるといいます。
圧迫骨折では、受傷直後のMRIにより、新鮮骨折であることを証明しておかなければなりません。