脊柱に複数の障害がある場合の認定ルール

1)脊柱に変形と運動障害が認められるとき

①脊柱に変形や運動障害で6級5号が認定されているときは、他に脊柱の障害が認められても、併合による上位等級の認定はありません。

②脊柱の頚部または胸腰部のいずれかに、変形と運動障害を残すときは、いずれか上位の等級で認定Ⅷされています。

③しかし、頚部と胸腰部の両方に、例えば、頚部に8級2号の運動障害と胸腰部に11級7号の変形が認められるときは、等級は併合され7級が認定されます。

④頚部と胸腰部の両方に8級2号の運動障害が認められるときは、準用7級が認定されます。

2)脊柱の変形が複数認められときは?

①脊柱の変形による6級5号であれば、他に脊柱の変形が認められても等級は変更されません。

②頚部と胸腰部のいずれかに11級7号の変形が複数あるとき、
荷重障害の8級相当と11級7号の変形障害が認められるときは、
いずれか上位の等級で認定されます。

③頚部と胸腰部のそれぞれに11級7号の変形が認められるときは、併合10級が、
荷重障害の8級相当と11級7号の変形のときは、併合7級が認定されます。

3)後遺障害診断を受けるときの注意点と着眼点

①後遺障害が、脊柱の運動・変形・荷重障害にとどまるとき、
これまでの経験則では、脊柱の圧迫骨折、破裂骨折による変形、運動、荷重障害で6級5号が認定されることは稀です。破裂骨折や多発圧迫骨折で、僅かに8級2号が、そして、ほとんどは、11級7号の認定です。症状固定時期の選択は、受傷後6カ月を経過した時点です。
変形は、XP・CT・MRIで立証できます。

②神経系統の機能の障害が認められるとき、
椎体の骨端が折れて多数の骨折を生じた 破裂・粉砕骨折では、椎体の後部を走行する脊髄や椎間板の脇から出ている末梢神経の神経根を圧迫する不安定型損傷が認められます。
脊髄の圧迫では、両上肢の痺れ、下肢の痺れと歩行障害、筋萎縮、膀胱・直腸障害が出現し、
神経根の圧迫では、左右の上下肢に限局してしびれや歩行障害、筋萎縮の症状が出現します。

椎間板の構造

腰椎、L4/5、L5/S1 の不安定型損傷では、馬尾神経圧迫による排尿障害が出現します。
馬尾神経は膀胱や肛門の筋肉を支配、神経損傷は排尿や排便の障害を引き起こすのです。
これらの症状が認められるときは、脊柱の運動・変形・荷重障害とは別に、神経系統の機能の障害で後遺障害をまとめなければなりません。