生殖器の障害

※男性の生殖器障害

等級 内容 自賠責 喪失率
7 5:両側の睾丸を失ったもの 1051 56
5:常態として精液中に精子が存在しないもの
9 17:陰茎の大部分を欠損したもの 616 35
17:勃起障害を残すもの
17:射精障害を残すもの
13 11:1側の睾丸を失ったもの 139 9

※女性の生殖器障害

等級 内容 自賠責 喪失率
7 5:両側の卵巣を失ったもの 1051 56
5:常態として卵子が形成されないもの
9 11:膣口狭窄を残し、陰茎を膣に挿入することができないもの 616 35
11:両側の卵管の閉鎖または癒着を残すもの
11:子宮頚管に閉鎖を残すもの、または子宮を失ったもの
11 10:比較的狭骨盤または狭骨盤が認められるもの 331 20
12 13:膣口に残る瘢痕により性交時に疼痛が生じるもの※ 224 14
13 11:1側の卵巣を失ったもの 139 9

※膣口狭窄により、男性器の挿入が困難ではないものの、膣口に残る瘢痕により性交時に疼痛が生じるものでは、瘢痕の大きさなどにより、14級9号が認定される可能性を残します。