(5)手指の機能障害

等級 内容 自賠責 喪失率
4 6:両手の10本の手指の全部の用を廃したもの 1889 92
7 7:1手の5本の手指の用を廃したもの 1051 56
7:1手の親指を含む4本の手指の用を廃したもの
8 4:1手の親指を含む3本の手指の用を廃したもの 819 45
4:1手の親指以外の4本の手指の用を廃したもの
9 13:1手の親指を含む2本の手指の用を廃したもの 616 35
13:1手の親指以外の3本の手指の用を廃したもの
10 7:1手の親指の用を廃したもの 461 27
7:1手の親指以外の2本の手指の用を廃したもの
12 10:1手の人差し指の用を廃したもの 224 14
10:1手の中指の用を廃したもの
10:1手の環指の用を廃したもの
13 6:1手の小指の用を廃したもの 139 9
14 7:1手の親指以外の手指のDIP関節を屈伸できなくなったもの 75 5

手指の用を廃したものとは、以下の3つとなります。
※親指ではIPより先、その他の指ではPIPより先の2分の1以上を失ったもの、
※親指ではIPとMCPのいずれかに、2分の1以下の可動域制限が認められるもの、
※その他の指ではPIPとMCPのいずれかに、2分の1以下の可動域制限が認められるもの、

1)親指

MCP関節 IP関節 他の運動
屈曲 伸展 屈曲 伸展 橈外転 掌外転
正常値 60 10 70 80 10 90 60 90 150
用廃 30 5 35 40 5 45 30 45 75

手指の関節に参考運動はありません。

2)親指の計測

親指の計測

机の上に手を置いて計測、原則として、手指の背側に計測器を当てます。

①親指MCP関節の屈曲⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は60°です。
②親指MCP関節の伸展⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は10°です。

屈曲
屈曲
伸展
伸展

③親指IP関節の屈曲⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は80°です。
④親指IP関節の伸展⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は10°です。

屈曲
屈曲
伸展
伸展

3)その他の指

その他の指 MP関節 PIP関節
屈曲 伸展 屈曲 伸展
正常値 90 45 135 100 0 100
用廃 45 25 70 50 0 50

手指の関節に参考運動はありません。

手指の関節は、母指にあっては、指先に近い方からIP、MCP関節、
親指以外の手指では、指先に近い方からDIP、PIP、MCP関節といいます。

4)手指の機能障害が予想される傷病名

1中手骨頚部骨折、2ベンネット骨折、3ボクサー骨折、4親指CM関節脱臼、5PIP関節の脱臼骨折、
上記5の傷病名は、コンテンツ⇒傷病名と後遺障害⇒上肢・手指で後遺障害の立証を含む詳細を解説しています。

5)その他の手指の計測

①MCP屈曲⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は90°です。
②MCP伸展⇒、日本整形外科学会の公表する参考角度は45°です。


開始肢位


屈曲

伸展

③PIPの屈曲⇒日本整形外科学会の公表する参考角度は100°です。


屈曲

机の上に手を置いて計測、原則として、手指の背側に計測器を当てます。

④手指屈曲複合判定


計測器のねじを緩め、指の長さに計測器を調節、ネジを締めて計測します。